【Amazon】中国からの船便を使ってみた(5/13追記あり)

こんにちは!

4/30(中国の連休前)に商品を船便で送った結果、意外と早く着いたので

今日はそのことについて書こうかと思います。

空輸より遅いが、安い!

大きなメリットとして「安さ」があります。

特に今コロナの影響で空輸の送料が高騰しております。。

ひどいときには1kg50元(≒750円)とか、

普段の空輸の三倍近くかかるかと思います。

これはマスクが影響しています。

代行さんの話では、中国から日本やアメリカへマスクをいっぱい

作って送っているそうです。

当然利益率めっちゃ高いからそっちが優先になってしまいます。

利益率高いから、多少国際送料を高く払っても元は取れます。

なので飛行機がマスクでいっぱいになってしまい、我々一般輸入者の

商材が飛行機に入れないんです。

輸送業者にとっては運送料を高く払ってくれる業者を

優先して貨物に入れてしまうので、我々は後回しになってしまってます。

その結果通常より「遅い」到着、通関になります。

運送料の計算ってわかりづらい

容積計算とか重量計算とか、いろいろ計算方法があって

我々素人には非常にわかりづらいです。

一度勉強したのですが、関心が無いとすぐ忘れてしまいます。

なので頑張って再度勉強しました!

 

容積を計算して、実重量と比較して重い方を採用する(レベニュートン方式)のですが、

海上と空輸と比較式が微妙に異なります。

mとcm、あとかける数字が1000と6000とで変わってきます。

 

海上の場合の容積換算式 縦()×横()×高さ()×個数×1000

空輸の場合の容積換算式 縦(cm)×横(cm)×高さ(cm)×個数×6000

 

例えば40cm×50cm×60cmの段ボールを10箱運ぶとしたら

(実際の重量は150kgとします)

 

海上・・・0.4*0.5*0.6*10*1000=1200kg

空輸・・・40*50*60*10*6000=200kg

になり、それぞれ1200kg、200kgをもとに重量計算することになります。

 

で、それぞれのkg単価をかけますと

海上・・・1200kg×1元=1200元×15≒18000円

空輸・・・200kg×35元=7000元×15≒105000円

・・・船便がめっちゃ安いですね・・・・

 

まあ普段は代行さんにいつも計算してもらいます。

私はいつも100kg以上の商品を毎週FBAに入れてもらっていますので、

送料が上がると少々困ります。

なので軽いものは、多少我慢して空輸してもらい、重いものは船便にシフトしようと

思っております。

かなりざっくりな計算ですが、100kg以上の商品を運ぶ場合、

5/8時点で

・空輸 1kg 35元  中国からFBA倉庫までの所要日数 約7日

・船便 1kg 1-2元 中国からFBA倉庫までの所要日数 約18-23日

    ※代行さんが言ってきた金額・・・1㎥(立法メートル)で1200元←一見高そうですが、

    実は40*50*60cmの箱が8個入る計算です。

    なので一箱に換算すると1200÷8=150元。

    先ほどの海上の計算(海上・・・0.4*0.5*0.6*10*1000=1200kg)をもとに10割ると、

    一箱あたりの重量は120kgです。

    一箱150元と考えると、1kg0.8元になってます。素晴らしく安いですが、遅いです。18-23日程度かかります。

    あと送料+α(入庫代金等)が別に発生します。出荷が少ないとコスパ悪いようです。

※代行さんによってそれぞれ計算式が異なるので、ご注意下さい。

重くて急がない商品は船便のメリットが生きる

空輸がいつもと同じスピードと料金であれば船便は考えもしなかったんですが、

今のような事態ですと、ちょっと考えてしまいますよね。

全部船便にするのではなく、商品によって分けるとか、半分半分で輸送するなど

使い分けできるといいかもしれませんね!

船便でFBAに入れるときの注意

代行さんから言われまして、

空輸と船便だと、発送手続きの際に提出する資料が違うということでした。

空輸は代行さんの方で全部やってくれたのですが、

船便ですと

Amazon参照ID(PO)・・・納品プランを作ったら番号が作られます。

対象商品のURL(税関が販売価格をチェックするのに必要)

船便でNACCS(リアルタイム口座引き落とし)はできます

日本の船便の業者(代行さんに聞きましょう)に連絡して

リアルタイム番号を伝えればOKです。

NACCS(ナックスと言います)って何?というかたはこちら

 

自分は最初、勝手にNACCSできているだろうと思って放置してました。

幸いにも船便業者さんが立て替えてくれたので、

あとから関税消費税を振り込みました。

一度伝えれば、同じ船便業者なら

次回からはリアルタイム口座引き落としができます。

※追記

船便を使用する上で代行さんから追加情報がありました。

種類が多いと通関が遅い+検査を受けやすい→点検料がかかる場合があります。

点検費用はいくらかはわからないですが高いそうです(全商品を箱から出してチェックする人件費等)。

 

結果的に関税まで高くなることもありえます。

また、代行さんによっては船便用の箱代を請求されることもありました(一箱13元くらい)

なので船便は、小種類・大ロットなどの商品の方が適してます。

※追記2

さらに追加情報です<(_ _)>

通関する際に提出する資料が増えるようです。

・商品ページの画像(価格・製造元リファレンス・ASIN・Amazonでの取り扱い)

・料金シミュレーター画像(Amazonで販売している価格を記載すること)

製造元リファレンス等の画像はこちら↓↓

増える「ようです」と書きましたのは、通関士の裁量で資料の有無がきまるそうです。

なので、通関士Aさんが「これならいいよ」ということで簡素的に通関するときもあるし

通関士Bさんは「いや、もっと詳しい資料を提出しなさい」と言われたら出すしかない

ということです><

 

エアー便も船便も、通関する際にX線検査を受けます。もしX線検査で申告した商品以外の物が

発見された場合、追加の点検費用が発生します。

点検料が発生したら、中国→Amazon直接納品の場合はAmazonが立て替えます。

(ここから下はいろんな話を聞いて総合的にまとめた私の推測です<(_ _)>)

そこまではいいんですが、Amazonの規定によって恐らく商品販売金額の30%を後日請求されます。。。。

 

登録お願いします<(_ _)>

※相互リンク紹介サイト募集中

☆彡オンラインサロン入ってます^^お値打ち情報満載で月額安いです!
鈴木正行のコミュニティーMサロン

★ライン始めました!
http://nav.cx/7efFg9W

★チャットワークはこちら!
https://chatwork.com/KTS

★Twitterで普段言えないことをつぶやいてます
https://twitter.com/kawashimatenbai

YouTubeもやってます!
★チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCW_Ey8M8I3o1JCB2OyCYzHA/?sub_confirmation=1

★節約チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC3naD1yL6PqlpzUolPXYdUQ

★節約リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLRl2vogZhV_1YS2eP7OtOtHTP5nnubq6S

★ネットビジネスで家を買ったブログ
https://00m.in/pGwIy

★節約情報
http://sumiyoshiya2015.sakura.ne.jp/hoken/kawashima-seminar.html

★FB
https://www.facebook.com/kawashima1225

【Amazon】中国からの船便を使ってみた(5/13追記あり)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です